出発前夜の荷造りが一番楽しい?

Pocket

午前中かけてなんとか部屋を片づける。荷物は父親に手伝ってもらって実家に一旦運び込んだ。
昼に家主に明け渡し。
そういえばこの部屋も1年2ヶ月しか住んでない。
今までの中でどきんが一番気に入っていた部屋だったのになぁ。ここに住めなくなるのは惜しいが、部屋を持って行くわけにはいかないのでしかたない。
実家に帰ったら今度は荷物の中から必要な物を旅行鞄に移し替える。
まぁ普通なら洋服とかがメインなんだろうけど、大連で買えば安く済むので下着とチノパン2つとTシャツ、あとは礼服とジャケット1着だけ持っていく。
それよりも大事なのが日本でしか手に入らないものなのだ。
私の場合はほとんどが料理とコンピュータ関係の物。
固形のコンソメ、味の素、中華味の素、粉末の昆布だし、粉末の鰹だし、菜切り包丁、三得包丁、ペティナイフ、蟹スプーン、細い箸、薄いプラスチックのまな板、スライサー、アルミの柄付き水切り網、シリコンゴムのマウスパッド、愛用の106ミニキーボード2種類、USB2.0とIDEの変換ケーブル。DVD-RAMドライブとメディア7枚、小型のUSBオーディオデバイス、PAL/NTSC両対応したDazzleのビデオキャプチャーカード、高感度のマイク、ネットワークカメラ、Athlon 2500+とDDR400-512MBのメモリ、Socket Aと754両対応のCPUクーラー。
どれも今までに3回大連に行ってどうしても手に入らなかったものばかり。
特に台所用品は自分の料理に合わせて必要最小限に厳選した。
コンピュータ関係のものは一見何でもありそうに見えて「品質を要求されるデバイスやグッズは皆無」ということがわかったので入出力系は最高のものを選んだ。
あとCPUとメモリも日本のほうが安いのだ。
(現地のPCマニアに最高に値切らせても)
空港で鞄開けられたら「お前、何屋だ?」って言われそうな内容だ・・・。
夕方には何とか終わったので、友達にメールを出す。
「日本を出ます。」
どうせみんなネットで会えるんだからこのくらいでいいか。
昨日は徹夜だったのでとても眠い。
じゃんぴんに電話をしてから寝る。
明日は11時出発だ!
だおふー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です